FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねむい

やあ諸君。

ここ数日「やべぇ、いわきネタが尽きたww」と放置しておりました。なんせアレなのよね、いわき2大巨頭と言えば「スパリゾート」「アクアマリン」なのだが、そこ行ってねぇんだよ。

小川キノコ園のシャッキリポンなエリンギと、仔犬のえりんぎちゃんとの出会いは極めて大きな喜びであったが、流石に、いつまでもアンモナイト話を引っ張る腕は無いわ。


しかしよく考えてみれば、こちらのブログは、そもそも、いわきネタ限定のブログではなく当初はAPAホテル関係の書籍とかを紹介してたような気もするので、今回は非いわきネタを書こうと思うのであります。




で、Twitterを中心にネット上を徘徊するなどして、なんか話の種になるようなトピックは無いかと探してみたのですが、ありましたよ。炎上マーケティングに最適のヤツが。毎度毎度、議論が終わりなきループに陥り、論点が拡散しまくった挙句、相手の人格否定に終始するという、独り酒の肴にピッタリな話題、それは「実名・匿名論争」であります。
これはね、スベリ知らずです。必ず炎上する。これに匹敵する話題として「男女論」とか「国旗国歌論」とかもあるのですが、そっちは本物が来るから怖いという面がありますので、今回は見送る事と致しました。



さて、今回、実名匿名論争について書こうと思ったキッカケは、とある人物をめぐる論争でありました。



まぁ、そもそもの発端については今さら何も言いませんけど、その後に生じた表面的な事だけを言えば「実名を名乗る人物が、ネット上で匿名の者に批判を受け、『匿名で好き勝手言うな、卑怯者め。名を名乗れ』と主張する」という、割と良くある構図であります。

匿名性という物は、ネットにおいて自由闊達な議論を促進する要素であります。
たとえば10代の若者の提言でも「ガキの意見なんて聞いてられるかよ、フン!」と言われず、ちゃんと評価される。
権力者や著名人でなくても、社会について物申す事ができる。
そして何より重要な事として、その発言を受けて誰かが「アイツ気に食わないから不利益を与えてやれ」という私的制裁ができないわけです(もちろん、明らかに法に触れるような発言は駄目ですよ)。

一方、その性質上、「酷い事を言っても、自分が責任を問われることは無い」とする悪しき安心感から、面と向かっては言えないような言葉を罪悪感なく発するような行為を助長している面も否定できないでしょう。
私ですか?そんな酷いこと、やって…ませ…俺の事は、どうでもエエやないか!(机ドンッ!)




まぁ、その辺は棚に上げるとしてですね、毎回炎上しながらも噛みあわないのは何故なのかを、整理してみましょう。
ぶっちゃけた話、みんな頭の中では分かってるのにワザと論点ずらしてるから噛みあわないんですけども、その辺についてね、もうそろそろ、エエんちゃうかと。ちょっと冷静になって、まとめてみてもエエんちゃうかと。そのように思うのであります。


まずですね、「実名」「匿名」の定義が幅広すぎるのですよ。
もうちょっと実態に即した、細かい分類をすると以下のようになります。
それぞれの名称や解説は俺が勝手につけた物なので、あくまで「段階に分けて理解するための暫定的な分類」と御認識下さいな。


① 戸籍名
役所に登録されている名前で、法律上の「実名」。
法律的には究極の本人名であるが、人によっては必ずしも戸籍名が「もっとも重要な名前」では無い事もある。と、俺が定義した。
1人につき1つしか存在しない。


② 実務名
その人が業として名乗る「実名」である。
夏目金之助が夏目漱石を名乗るように、作家の筆名やタレントの芸名を指す。
戸籍名以外で活動する人にとって、この実務名が「もっとも本人を強く認識させる名前」で、「その名が穢れると最も困る名前」だったりする。と、俺が定義した。

たとえば「平井太郎」が誰か知らなくても、実務名「江戸川乱歩」なら知ってるわけです。




「椎名巌」という堅そうな戸籍名を持つ、実務名「桂歌丸」さん。





「ムンフバティーン・ダワージャルガル」という名は知らなくても、「白鵬」ならみんな知ってる。



「古谷仁」なんてオッサンの名前にしか見えないが、実務名は「MEGUMI」だったりする。



この、「社会活動を行う上で主となる名前=実務名」に関しては、ほとんどの場合は1つであるが、複数持つ事も可能である。

小説家の「栗本薫」は、評論家として活動する時は「中島梓」と名乗った。実務内容に応じて、実務名を使い分けた例である。

戸籍名=今岡純代
実務名=栗本薫・中島梓


③ 演名
定義が難しいが、「当人および周囲が、自覚的に呼称する、役割やキャラとしての名前」とでも言うべきか。エンターテインメントの世界で生きる人は、架空のキャラクターの人格を演じる事は多いが、その中でも当人と不可分な存在となっている場合を指す、「戸籍名や実務名を持つ個人にヒモづけされた事実上の実名」である。と、俺が定義した。

例えば、「金八先生」。



あるいは、「寅さん」。

戸籍名=田所康雄
実務名=渥美清
演名 =寅さん

また、こうした演名に関しては、実務名と同様、自覚的にあるいは結果的に、複数持つ事も少なくない。例えば武藤敬司とグレートムタ。

武藤が新日本プロレスの闘魂三銃士としてベビーフェイスをやり、グレートムタが反則も厭わないダーティーなキャラで「武藤の暗黒面」を演じ、ファンは、同一人物と知りつつ見るというジキルとハイドのような・・・分かりづらい?
まぁ、彼の場合、戸籍名&実務名=「武藤敬司」、演名=「グレートムタ」と言えなくもない。




④ 固定名。
こっから「匿名」。
固定名とは、発言者の同一性を担保する能力を持つ、「戸籍名や実名にヒモづけされない、事実上の匿名」である。
「事実上の」と付くのは、本人に「戸籍名や実務名を公表したくないという意図」だけあって、本当は戸籍名や実務名にヒモ付けする事が本当は可能だからだ。
この「固定名」、発言主としての同一性などは、戸籍名や実務名と同等に確保できる。実務名・演名との違いは、構造的には無く、主たる社会的活動をその名で行っているかという質の面のみだ。Twitterで相応に1つのアカウントを使っている場合などは、これにあたる。

例として、この人。

このへん http://matome.naver.jp/odai/2135282759186560301 を読むと、大体正体が分かる。これは「あくまで実名主義。“ちきりん”という名は、実務名としてのペンネーム。桂歌丸と何が違うのか?」と実名派に分類する事も出来る気がするが、イガヤスヨさんの場合「主たる社会活動はイガヤスヨ名義でやってるが、そっちを公表したくない」としているようなので、ペンネームとしての実務名ではなく、固定名として匿名派に分類されるのではないか。

要は、「桂歌丸」より「岡田ぱみゅぱみゅ」に近いやろ、と。


⑤ 匿演名(乙)。

これは、「当人および周囲が、自覚的に名乗る、役割やキャラとしての名前」のうち、
「固定名にひもづけされた事実上の匿名」である。
たとえば「岡田ぱみゅ五郎」という老人キャラを、岡田ぱみゅぱみゅと繋がりをあらわにして演じた場合、「大連にいた頃が懐かしいのぅ…」とか書いても、多くの人は「何いってんだ、あんた岡田ぱみゅぱみゅじゃねぇか」という固定名までは分かる。
しかし、ぱみゅ五郎=岡田ぱみゅぱみゅという構図以上には進めないので、「戸籍名や実務名ではなく、匿名にヒモづけられている」と言える。



⑥ 暫定名。
固定名と本質的な違いは無いが、期間や頻度の面において限定的に運用される匿名。

雑誌の匿名座談会などで
AさんとBさんとCさんが議論してるのを見た事あるだろうが、発言主の同一性が確保できれば「ふむ、この人さっきはこう言って、反論を受けて、こう切り返してきたな…」と議論は可能なのである。発言主を特定し把握できる限界。Twitterは、公式には、ここまで。
2chのID制度などが、これにあたる。

⑦ 秘匿名
発言の主体を把握する事が完全に不可能な名前。
「私はAだと思う」
  「バカ野郎、AじゃなくてBだよ!」
「何だって?Aに決まってるだろう!」
…これを同一人物がやる事も可能だ。Twitterでは、複数の暫定名を持つ事でイケる。
どこにもヒモづいておらず遡及性なしなので、秘匿の名である。



① ~③が「実名」、4~7が匿名。そんな中「実名派」は、匿名中の匿名である秘匿名を想定し「匿名の連中は相手にしてられない。ノーリスクで言いたい放題、言う事をころころ変えて都合が悪くなると逃亡する」と匿名をDISる。
一方、「匿名派」は、実務名(ペンネームや芸名など)と俺の固定名、何がそんなに違うねんと不満を感じ、実名派に対し「お前も芸名だろ」とか言ってしまうのですが、主たる業を実務名「桂歌丸」でやっている椎名巌さんと、自分が勝手に名乗ってるだけの「固定名」は、構造的に同じだが質的に違う。

今後、よくあるアレをナニしようとしたが眠い寝る
そのうちきっちり清書します(途中で力尽きた感が凄い)
スポンサーサイト

砂の王国・鳥取で生きる仔犬 小川えりんぎちゃん 特集の第二弾やで~!

今回も、御主人へのQ&Aとともに、えりんぎちゃん画像いっぱい。



  遊び疲れて眠っている時の、無防備な肉球
えりんぎ肉球


Q8.えりんぎちゃんのクセは
A.寝そべるととりあえず腹によじ登ってくる。柵の中ではうんこしない。外に出すと即うんこ。

えりんぎ畳寝  えりんぎ中途半端寝  えりんぎずぼら  これは
えりんぎちゃんの縄張りは、畳のお座敷。御主人が寝そべるとよじ登って来る。
そして、シートの上では用を足さないが、お庭に出すと即スッキリ。




Q9.えりんぎちゃんの好きな事は
A.紐遊び、結びタオルとの格闘、俺の服を隠れ家にひっぱりこむ。部屋の外の探索

えりんぎ遊ぶ  えりんぎ欲張る  えりんぎオモチャ格闘  えりんぎ隠れ家
結んだヒモとタオルを相手に戦うのが好きなえりんぎちゃん。
「隠れ家」とは、布団を引っ張って崩したり、洋服を拾い集めて出来たスペースだ。
ぜんぜん隠れられてないが、まあ、えりんぎちゃん自身が満足してるならそれで良かろう…





Q10.今後どう育てるか
A.女性と見ればみさかいなく媚びを売ってご主人に出会いのきっかけをもたらすコにしたい。男はいい。無視しろ。

えりんぎ女子高生   えりんぎ女子高生2   えりんぎ母抱き
女子高生に抱かれる、えりんぎちゃん。
しかし、そこには高校生の母親(右端)もいたため、御主人は身動きとれず




Q11.気がかりな事は
A.すでに体力が有り余り始めており、ワクチン接種前に散歩に連れて行けないものか悩んでいる
  えりんぎ謎ポーズ   えりんぎ首輪
お散歩に備え、御主人にもらった首輪。
しかし体力が余って悶々としている模様。




Q12.鳥取、生育環境としてどう
A.雨が多いが、基本的にはいいかと。よい獣医さんもいるし、犬好きが多いので。

鳥取2
えりんぎちゃんの住む鳥取県



Q13.その他、御主人として一言
A.写真撮らせてくれ。少し停まれ。
えりんぎ畳寝2  えりんぎ寝2  えりんぎ横たわる
眠っている時は、数少ないシャッターチャンス。
寝る子は育つ!



……と、このように御主人の愛に育まれスクスク育っている小川えりんぎちゃんであるが、
福島県いわき市の小川キノコ園では、俺のエリンギがスクスク育っていた。

613岡田様

右端のが、Myえりんぎ。
オガなどで作った菌床(茶色の部分)を殺菌し、放冷で熱を取り除いた後、えりんぎの菌を植え付け培養を開始したたわけだが、徐々に、えりんぎの元となる白い部分が増えてきているのがわかる。順調である!!

真ん中のは、俺のえりんぎよりも、8日ばかり早く培養開始した物だ。白い部分が半分ほどまで達している。
左端のは、培養の過程において満期となる35日経ったもの。このように、ビン全体に白い部分が行きわたるまで、じっくりと培養するのである。



さて……いざ小川キノコ園のエリンギを購入したら、その後どうすれば良いのか?
網で焼いて、すだち&塩だけでも美味いのだが、折角なので、美味しくてヘルシー、ごはんにもビールにも合う、手軽で本格派な、えりんぎレシピを紹介しよう。


①えりんぎを薄く切り、豚バラ肉で巻きます
肉巻き1

②巻きました。味付けは焼肉の素
肉巻き2

③油を少々引いて熱したフライパンでジュー
肉巻き3

④焼肉のタレ投入。グツグツして来たら弱火にしてフタ。
5分ぐらいで全体に火&味が達し、いい感じになる。(濃かったらちょっと水で薄める)
肉巻き4

⑤完成!トマトやレタスなどを添えてどうぞ。ごはんにもビールにも!
肉巻き5


ドヤァ…


なんだって?
小川キノコ園のエリンギの魅力は分かったが、いわきまで買いに行くのはちょっと大変だし、通販じゃ今日の晩御飯に間に合わないって?


じゃあ、首都圏に住んでるならここに行ってみるんだな… きっと入手できるぜ…


って、雨天により中止かよ!

やあ諸君。
本日は小川えりんぎちゃん特集である。



皆さん御存知ないでしょうが、山陰に鳥取とかいう地域があるらしいのです。
基本的に砂漠で、あまりにも過酷な環境のため、人は住めません。
そこには、ごく一部(日本の人口比0.5%)の少数民族が暮らしているらしいのですが、そんな御主人にもらわれた仔犬、えりんぎちゃん。

小川キノコ園のある福島県いわき市とは縁もゆかりもないけど、なんとなく非公式マスコット犬として、御主人の愛に育まれつつ、すくすく成長しています。


そんなわけで今回、御主人へのインタビューと共に、えりんぎちゃん画像をふんだんに掲載いたします。
ちなみに、御主人は、こういうありえない妄想を抱いているようですが、客観的に評価した場合、鳥取は2013年6月にようやくGoogleがストリートビュー対応開始という、天下のGoogle様に秘境扱いされてきた地域ですから、新幹線の開通は28世紀ぐらいになるのではないでしょうか。



ま、そんなわけで、えりんぎちゃん特集や!




えりんぎちゃん「おすわり覚えたで!」
えりんぎおすわり





Q1.えりんぎちゃんを飼いはじめたキッカケは?
A.養蜂農家のじいさんの家からの養女。母犬は「あ、連れてくの」とクールなお見送り。

     えりんぎタオル寝
眼がしっかり開いてなかった頃の、えりんぎちゃん






Q2.えりんぎちゃんの、最初の様子は
A.抱くまではモノ陰に逃げ込んで出てこなかったけど、抱いたら抵抗せず、車中では俺の脇に顔を突っ込んで居た。

     えりんぎペロペロ えりんぎ笑顔          えりんぎカゴ えりんぎ潰れ
   えりんぎちゃんin御主人の車               物陰に隠れるクセは健在





Q3.当初、心配だった事・困った事は
A.飯を余り食わなかった(特定メーカーの離乳食のみ。ただし三日で今度はそれを食わなくなった)

えりんぎ台所 えりんぎ見てる えりんぎびびる
台所に立つ御主人を「縄張り」のお座敷から見つめるえりんぎちゃん。
いったん台所まで来たものの、物音にビビってショボン。





Q4.えりんぎちゃんの犬種は
A.由緒正しい雑種中の雑種。父、母とも雑種すぎて何が入ってるかもよくわからない。母犬は柴が多分入ってる。あと、父にプードルとかブルドッグ系が入ってると聞いた。

えりんぎモフ寝 えりんぎ、眼が青い えりんぎお座敷 えりんぎずぼら
確かに色々と混じってるっぽい。そして、かすかに目が青い。




Q5.名前募集で、どんな候補が来ましたか
A.「鳥取市長」「字一色」「ぶっち」「こるぐり」「じゅげむじゅげむごこうのすりきれ(略」

えりんぎ悪だくみ えりんぎスマイル
鳥取市長の座を虎視眈々と狙う目つき





Q6.飼いはじめて生活に変化は
A.睡眠時間激減。あと、残業ができずに困ってる。

えりんぎ、テニスボールと格闘 えりんぎお散歩 えりんぎ鉢植え えりんぎ大地に立つ
遊びたい盛りである。今のところ、お散歩は庭の中だけだが好奇心いっぱい。





Q7.直してほしい所は。
A.うんこ。二回目からをなぜかシートではしない。ズボンの裾をおもちゃと勘違いしてること。ちびのくせに思い通りに遊んでもらえないと唸り声をあげて遺憾の意を表明、さらには吠えて無慈悲な攻撃を宣言し、マジ噛みしてくることも。
これは 
お庭で用を足しているえりんぎちゃん


  タカシちゃん




<次回へ続く>

えりんぎ日記@614


やあ、諸君。

ついに、ついに来たよ……
ヤツが来やがったよ…。



見よ!
上から、エリンギの元となる菌が白っぽく広がり始めたぞ!


上から徐々に



いよいよ俺のエリンギが蠢き始めた記念すべき状況に際し、今回は小川キノコ園の社長が直々に撮影に御協力くださった。

ちなみに、現段階でビンの蓋は、決して外してはならない。
キノコと関係の無い菌を遮断して、じっくりと待つのだ。

遂に来た


なお、現在の過程である「培養」が完了すると、エリンギの「芽」が出てくる。
そうすれば、こちらの「芽出し室」で「選別作業」が行われる事となるのだ。


「芽出し室」とは、培養が終わったあとでエリンギの芽を出させるために入る部屋。画像では、従業員のマサ君が選別作業を行っている。部屋は適切な温度と湿度に保たれ、近未来的な雰囲気すら漂う。

選別作業の概要と、画像の開設を社長夫人に伺ったところ

赤ちゃんエリンギがにょきにょき出始めています。
でも、それぞれ発育に差があるので、発育の良い子だけ、早めに次の生育室に移動させるのです。
これを選別作業といいます

とのこと。

わかりやすい。熟練の生産者の目と腕、そして愛が俺のエリンギを育てるのだ。

選別作業(芽出し室)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さて、今回は、小川えりんぎちゃん特集である。

しかし、ぶっちゃけ出社時間が迫ってきてるので、間に合わねぇのよ。
なんせ昨日、朝の打ち合わせを「ちょっと立ち寄りの予定がありまして」とキャンセルしてブログ更新という荒業を使ったので、さすがに今日それをやってしまうと垢バレの危険性すら出てくる。
それは避けたい。
上司に呼ばれて「キミ、この、全裸中年男性というのは一体…?」「いや、勿論、ネットをプライベートで楽しむ分には自由だけどね。でも、ここにある『下痢便探偵事務所の大脱糞ハッテン日記』とかね、敢えて書く必要は無いよね。無論、自由だけど。ただ品位って言うかな、うん。ひょっとしたら、君自身の人生にもマイナスかも知れないよね、こういう事を書くと。自由だけど。うん」とか切々と説かれる事になってしまう。

なので、今日の夜に、また更新するわ。



しばし待っててほしいワン!

えりんぎ笑顔
(えりんぎちゃんは、予防接種前なので、まだ街中でお散歩が出来ない。なので、御主人と一緒に車で移動)


いわき見聞録 悪の砦:ら・ら・ミュウ

御存知かとは思うが、福島県では血で血を洗う、仁義なき県内勢力争いが続いている。




県庁所在地の権威で全土を従えようとする、福島市。

東北の商都としてスタバをも擁し繁栄を謳歌する、郡山市。

白虎隊、八重の桜…歴史と伝統を誇る、会津若松。

そしてアンモナイトの、いわき市。

客観的に見て、互角であると言えるだろう。


さて、こうした群雄割拠の戦乱の中、いわきが台頭するための武器、それはである。
まぁ、これでも聴きながら読んで頂きたい。


小名浜なくしてカツオなし、いわきなくしてカマボコなし。
全国に名だたる良港、小名浜港。
震災、津波、風評……大きな打撃を食らおうとも、再起を虎視眈々と狙い、漁の準備に余念がない。

小名浜


決して「いわき漁港」ではないので注意が必要だ。



   ↑
本文とは関係ありません。



さて、そんな小名浜に、魅惑のモールが存在する。
海産物市場とレストラン、イベントスペースや遊覧船乗り場を兼ねる、小名浜ベイサイド・カルチャーの発信基地。
それがコチラ、「いわき・ら・ら・ミュウ」である!

ららみゅう


見ろ!
人が全然いねぇ!



・・・というのもですね、私は土曜と日曜の2回言ったのですが、この時の写真が日曜夕方に撮った物だからなのですよ。「ら・ら・ミュウ」は、小名浜港1号埠頭という港に面した場所にあるため、土曜の昼ぐらいだと、ベイサイドに集う親子連れやカップルで賑わってるんですけども、日曜の夕方ともなると、割と潮風が吹いて来て肌寒い(5月の場合)というのもありまして、みんな、施設の中に入ってんのよね。

で、施設の中で何やってるかと言うと、海産物販売スペースで買い物をしたり。
小名浜と言うと、カツオメヒカリが有名ではあるのだが、まぁ海の物なら何でも手に入る市場である。

ららみゅう内部


…という事で、たいへん充実した海産物売り場ではあるのだが、当方はこの後、東京まで帰らねばならないため、鮮魚を買っても持って帰るのが大変である。仮にイカを買って、その臭いをプンプンさせていたら、あらぬ誤解を受けかねない。誤解って言うか、おおむね事実だとしても「今回のこれは、普段と違ってほんとに海産物だから!」と説明して回るのも面倒。てなわけで、とりあえず海産物売り場を後にして、ららミュウ内を探検することにした。

1階は地元の土産が一気に買えるショッピングモールと、遊覧船の受付カウンター。
2階はレストランや、子供を遊ばせておくためのキッズスペース、そして地元FMの中継ブースと展示場がある。

さて、2階にある展示場では、「いわきの東日本大震災展」というのをやっていた。入場無料。


笑顔
(実は、一連の「いわきシリーズ」の中で、最後まで悩んだのが、この部分の扱いだった。どういう表現で、どこまで何を書くか、どんな画像を使うか等だ。で、色々逡巡した結果「普段通りのアレで」という結論に達したので、普段通りにアレする)




まぁ何というか、いわゆる「地域密着型・小規模展示」である。
国立ほにゃらら大学とナントカ博物館が○億円を投じて…とかいう形ではなく、地元の記憶を展示しようと。

そんなわけで、入口には地元の小学生が描いたポスターなどが飾られているわけだが、物によっては「ドラッグやりながら描いたのだろうか?」と思われる使や、シュルレアリスムの影響がうかがえる文章なども散見される、すぐれてアバンギャルドな展示となっておりました。




なお、展示スペースの3分の1ぐらいは海上保安庁が使っていた。
小名浜港は、第二管区海上保安本部の重要拠点で、福島海上保安部が置かれているのですよ。
無論、震災時も大活躍。多くの人命を救ったのであります。
海保展示




しかし、海保も、記録班が撮影した写真パネルなどを飾りながら
「ずいぶん広い展示スペースを貰ったけど、これといって展示する物がない
と悩んじゃったようで、役場に貼ってあるようなポスターをベタベタ貼り始めるという暴挙に。

海保展示3募集

もはや東日本大震災まったく関係ない、普通の募集ポスターですよ。
田舎の公民館に、良くある光景です。



更には、映画『海猿』の巨大パネルを飾るなど、もはや何の展示だか分かりません。
「いわきの東日本大震災展」を見に来て、まさか「ああ、このBRAVE HARTSという表記は、あの面倒くさい原作者と揉めたから【海猿】併記にしたんだな」などと再確認する羽目になるとは思いませんでした。
海保展示2制服


しかしまぁ、実際、自衛隊・警察・レスキュー・入管・環境Gメンなどを兼ねる、以上に幅広い過酷な任務の割に顧みられることの少なかった海保にとって、海猿は極めて大きなコンテンツだったのでしょう。美男美女が、海保の情熱と任務の尊さを伝える、優れたエンターテイメント作品ですから。

そのため、最近では海保の人気も上々なようで、制服で写真撮影できる企画などもやっておりました。
しかし観て分かるように、平日しかやってないあたり、どうなんでしょうか。
平日の昼間に、ショッピングモールでウロウロしてる人種は、割とアレだと思うのですが…休日に、小さい子を連れた家族とか、高校生ぐらいの「将来どうしよっかな~、公務員とかもいいかもな~、海も好きだしな~」って若者を狙った方が良いのでは。


無論、海保が地道に広報活動を行っている努力は感じられるのですが、全体的に、あらゆる意味で色濃く昭和を残した伝統芸としての広報活動となっております。

杉良



なお、昨今流行りの「ゆるキャラ」にも目を向けておりまして「フラうーみん」なるキャラが、何の説明も無く展示されております。

海保キャラ


なにやら海上保安庁は「うみまる・うーみん」というアザラシっぽい生き物のマスコットキャラを持ってまして、キティちゃんのように「ご当地もの」があるらしいのですよ。で、第二管区海上保安本部の福島海上保安部は小名浜を拠点としているため「小名浜っていえば、いわき市だろ…いわきと言えばハワイアンズ、じゃあフラダンスか?」という連想ゲームで作られたキャラと思われます。

調べてみたところ、福島海上保安部は「フラうーみん」に加えて「野口英世バージョン」「野馬追バージョン」を有し、第二管区海上保安本部(東北地方)の持つ6種類中3種類を福島関連で占めている模様。
ただ、「フラうーみん」も「野口英世バージョン」も「野馬追バージョン」も、これまで生きてきた中で1回も見た事ないので、一体どこでキャラクター展開しているのか謎は深まるばかり。
Googleで検索しても画像が出てこないってのは凄い話ですよ。


ま、そんな展示でした、避難所の再現とか、そういう真面目な部分もありますけどね。
良かったのは、展示の第一章が「笑顔」をテーマにしてた点ですかね。
「こんなに悲惨でした」を伝えるのは、もちろん重要。でも地元の展示なら、やっぱり「再起」から始まらないとね。

まぁ、そんな事を言いつつ、自分がやってたのは
「カツオのタタキ風カマボコ食って食欲にターボが掛かり、ららミュウ前のデッキで、液体を中心とした御当地もの食いつつ海保の艦艇を眺めクダをまく」という、震災まるで関係ない、ただのグルメ旅だったんですけどね。
豪勢
(小名浜港は、1号埠頭に「ららミュウ」、3号埠頭にアクアマリン、あと、何号だかわからんけど、工場萌えの人向けの工業地域も広がっている)



問題は「夕方6時に閉店」という、共産圏の役所みたいな、ららミュウの営業時間。

倉庫街

小名浜港は「男の海」みたいな漁港もあるが、ベイエリアとしての再開発が進んでるようで、近所には倉庫街風のショップ&レストラン施設も。
「東北の、みなとみらい」になる素質はあるのに夕方6時閉店とか、どういう事だ。
財閥の令嬢だって、もう少し夜遊びするわ。

バー、ビリヤード、カラオケ、ダーツ、クラブ、ゲーセン、バッティングセンター、カート場、ファミレス、スーパー銭湯…
なんぼでも施設作るスペースあるし、若者を港に滞留させりゃ、エリンギとカマボコを串刺しにして焼いたようなスナックを供する屋台とか、儲かるのに。
娯楽施設が無いから、シャコタンで国道走っちゃうんじゃねーかな…


と、まあ、そんな感じでございました。
詳しくは、また次回。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




そして、我がエリンギ。


福島県いわき市の小川キノコ園にて培養中の、我がエリンギ。
従業員の皆様の愛に育まれ、それはもう、それはもう、立派なエリンギに育つ予定である。

8①俺エリンギ


なにやら、週末に朝市があったようで、小川キノコ園も参加。
梅雨時ではあるが、この日は快晴。
うららかな初夏の日差しに包まれた朝市であった模様。
8③朝市


そして、味自慢のキノコである。
キノコ園のフラッグシップはエリンギであるが、しいたけや、うすひら茸も扱っている。

8④朝市2

しかしまぁ、問題点は「いわき市で早朝に開かれている市は、始発で東京から向かっても参加できない」という点。

案ずるな、通販がある。

コリコリしててシャッキリポンで美味いぞ。
上の写真にも載っているが、ピリ唐に仕立てた加工品は、メンマのような味わいでありながらメンマよりも歯ごたえが心地よく、カツオ節を振りかけると、酒のアテとして最適だ。

まだ父の日、間に合うぞ!
実家に送ったらんかい!


なお、朝市は、地元農家さんが何件も参加する模様。
みなさん、思い思いの品を出品するそうです。
いわきにお住まいの方は、ぜひ。
8⑤朝市3 8⑥朝市4


<オマケ:えりんぎちゃんは、おとうさんが台所に立つと、隙間からそっと見てる>

えりんぎ見てる



次回は、えりんぎちゃん特集。
御主人によって明かされる、えりんぎちゃんの全て!

さらなる悪だくみを

ほぅ・・・

いわきは、カマボコ生産量日本一だと…?



ククク……

里にエリンギあり、海にカツオとカマボコあり、山にアンモナイトあり。そしてハワイまである。
全国制覇への武器は揃っているではないか。
おぅおぅ、海なし郡山の悲鳴が聞こえるわい…

ククク……


仁義なき福島県内覇権争い、第二章へ

あいつの名はポリスマン

さて、まずは砂漠の王国に暮らす鳥取犬としてお馴染み小川えりんぎちゃんの画像から。

えりんぎずぼら

どうですか、この、ずぼらな瞳は!


スクスクと育っているようで何より。
画像の日付が6月9日になっていますが、これが、飼い主さんに拾われたばかりのころは、目もしっかり開いておらず、ちょっと大きめの毛玉以外の何物でもなかったわけですが、御主人が、一生懸命えりんぎ食いながらえりんぎを育てた事により、元気に育っているようです。

名前が無かった頃というか、私が「猛犬タカシ」という名等を提案していた時期は、タオルの上に横たわるクリーチャーでありました。
えりんぎタオル寝


で、御主人が、離乳食などを与えつつ、トイレのしつけなどに難儀しながらも愛情を注いで育てていたところ、なんか数日で、だいぶ犬っぽくなりまして、今度は逆に「四六時中、全力ではしゃぎ回っているので、寝てる時ぐらいしかシャッターチャンスが無い」という状況に。
孔明みたいなヒゲがチャームポイントであります。
えりんぎモフ寝


と、まぁ、このように元気よく育ってる、えりんぎちゃん。
砂の王国・鳥取に住んでますから、そのうち体高2mぐらいになって背中にコブができて砂漠の旅に強くなり、背中にターバンを巻いたヒゲの男たちを載せたり、ジュウタンや香油などを積んで、隊商による交易には欠かせない友として活躍してくれることでしょう。ヒトコブかな?フタコブかな?



さて、一方、福島県いわき市の小川キノコ園におきまして、エリンギづくりの工程は粛々と進んでおります。

現在、培地を作って、殺菌して、放冷して、そしてエリンギの菌を植えたところであります。つまり、35日間を要する培養の過程に入ったのだ!



…で、こちら。6月6日時点での、俺のエリンギ。まだ、目に見える変化はない。
なんせ培養は35日もの日数を要する一大事業である。焦ってはいけない。
なお、手だけ写っているのは、小川キノコ園きっての手タレとして知られるHIROさん。恥ずかしがり屋さんらしい。

6①俺エリンギ



そして、翌日!
6月7日の時点での画像が、これだ!

7①俺エリンギ

えっ…変わってなくね?

HIROさんの立ち位置と、時計の有無ぐらいしか変化が無い。
まぁ、35日を要する工程の2日目だしな。
聞いたところ、1週間ほどで、ビンの上の方から菌が広がり始めるものらしい。

それを待つ期間は、ずっと培養室で兄弟エリンギたちとともに待機である。
俺のエリンギは、兄弟たちの中でも群を抜いて立派なヤツになって欲しいものだ。

6②培養室



ちなみに、培養→生育が完了し、充分に育つと、このように収穫され、出荷となるわけです。
ご覧のように、培養から生育、収穫に至るまで、すべて室内で行われる。

7⑤生育室2



ってなわけで、俺のえりんぎも、鳥取のえりんぎちゃんに負けじとスクスク育つことを祈りつつ、本日はココまで。



次回は、いわき市民の最先端オシャレスポットにして大規模ショッピングモール、そして、やたら海上保安庁の影響力を感じる施設についてのレポートなど。


警察だの消防だの地方振興だの、そういう所には必ず「あの人」の姿がありますので、海保もきっと……と思ってたらやっぱり遭遇できたので、嬉しくなりました。


杉良

いわき見聞録9 フタバスズキリュウ 

てなわけで、いわき市といえばフタバスズキリュウ。
フタバスズキリュウと言っても、ノマドワーカーの鈴木龍さんが、どっかのコーヒー屋さんでノートパソコンをカチャカチャ弄ってるわけではありません。というか、いわきにはスタバがありません。ドムドムだけです。


…これ、ある程度の年齢の人間なら知ってると思うんだけど、超カッケェのよ。ロマンを感じざるを得ない。
簡単に言えばだな、8500万年ぐらい前の首長竜だ。
8500万年前ちゅーと、白亜紀後期。巨大な身体で、太古の海を悠々と泳いでいたのですな。


見よ!これがフタバスズキリュウだ!
(wikipediaより勝手に転載)
フタバスズキリュウ




見るからに惚れざるを得ないフォルムですけれど、これ、逸話も凄いのです。

発掘したのは、当時高校生だった鈴木直さん。
当時、「日本本土じゃ、中生代のデケェ恐竜の化石なんざ出て来ねぇよ」という定説があったようなんですが、高校生が化石発掘したもんで「ええっ!今までの定説が!」と、ぜんぶ引っくり返ったわけです。
鈴木さん、すげぇ…という事で「スズキ」。
フタバ」は、福島県の双葉断層な。
「リュウ」は限りなく透明に近いブルーの人ね。



…という程度の知識があるのはなぜかと言えば、

「ドラえもん のび太の恐竜」のピー助が、フタバスズキリュウだからでありまして、その昔、自分もドラちゃんを入口にして軽く調べたりしたからです。
ピー介

そりゃ、超デケェ、超カッケェ、しかも発掘・in・ジャパンと三拍子揃っているんだから、心踊らないわけがないのですよ。

また、wikipediaによれば、発掘当時(1968年)は世界的にも首長竜の資料が足りず、「これ、新種なのかどうか、わかんねぇ…他の化石と同じ生き物の骨だったりするんじゃねぇかな?」と謎のままだったのですが、2006年、38年の時を経て「ガチで新種だった」と判明。

研究に大きな貢献をした国立科学博物館の佐藤たまき研究員は、この化石を「カレ」と呼ぶほどに研究に没頭。
実は、このフタバスズキリュウがオスかメスかは不明らしいのですが、佐藤研究員は「私が好きになったんだからオスでしょう」と言い、勝手に「カレ」と呼んでいるとの事です。


なんともロマンを感じるじゃありませんか、フタバスズキリュウ。
いわき市に広がっていた太古の海を悠然と泳ぐ姿を見たいじゃないですが、フタバスズキリュウ。
そんなわけで開設されたのが、こちら「海竜の里」だ!

看板


うむ、心躍る。
男の子である以上、やはり恐竜は憧れである。
なんか、自分は女子高生って設定だったような気もしますが、前回、衆議院選挙の投票日に「投票なう」とか書いちゃったし、まあ、その辺はどうでもエエやないか!(机ドンッ!)

選挙と言えばですね、高校の先輩が、先輩と言うか最終的に同級生になった人が、「おー、ちっと来週の日曜、どっか遊びに行くべよー?」みたいな話に対し「おう、じゃあ午前中に投票すませとくわ」と答えたという逸話がありまして、その会話は高校生としてどうなんだと、投票に行く真面目さがありながら何故3年で卒業できなかったのかと、まあ色々あったのですが、もはやどうでもいい話ですので、これ以上語るのは止めましょう。


さあ、いわきに広がっていた太古の海に思いを馳せつつ、ロマンの世界に飛び込もうではないか!
アンモナイトセンターも化石がバンバン出てきたのだから、こちらも、もしかすると巨大な首長竜の化石が発掘できるかもしれない!定説を覆す新発見の扉が、いま開かれる・・・・・・!!











入園


えっ……
なに、この「やっちゃった遊園地」感。



カラカラと音を立てて回る観覧者。
隣にそびえ立つ恐竜はブラキオザウルスらしいのですが、なんか微妙にいい加減なフォルムで、どうも、尻尾の部分滑り台になっているらしい。
これは……これは……これは素晴らしい!方向性を見失ってる感が丸出しで、最高!

もはや一種のダークツーリズムですよ。
「おぉ…なんという、取り返しのつかない施設を作ってしまったのだ…」的な。



でもまぁ、来た以上は乗り物に乗ったんですけどね。200円払って。
まずは観覧車に乗り、上空から施設の全景を確認。「確認」ってか、歩いて2分ぐらいの大きさなので上にあがる必要は全く無いんですが、やはり見ておきたい。

どうも、主要施設は「観覧車」「メリーゴーランド」「ローラーコースター」「恐竜すべり台」「何かの建物(休憩所と飲食施設を兼ねたようなヤツ)」の模様。微妙に、小さい恐竜が配置されてます。

上空



観覧車は結構大きく、ビル10階ぐらいの高さまであがる。
無論、お台場の観覧車などと比べれば小さいかも知れないが、凄い点として「他に高い建物が無いので、相対的に迫力がある」という点が挙げられる。
一方、問題点としては「上にあがっても、見る物が無い」という。

遠景
あまりにも何もなく、緑の田畑と山々が連なっているので視力回復センターのツアーなどに向いているのではないでしょうか。



無論、子連れのファミリーが楽しく遊んだり、地元の若者が恋人同士で愛を語り合う場として使う事も可能でしょうが、観覧車が回っている時間の半分ぐらいはヤツがガン飛ばしてくるので注意が必要です。

目つき
(観覧車内より撮影)

こんなん、お前、あまりのハードパンチで、リングの上で対戦相手の命を奪ってしまったために引退し、今は闇社会の用心棒に身をやつしている元ボクサーの眼やないか。

ま、そんなわけで、200円で(しかも1人で)思いのほか楽しめたわけですが、他の乗り物も試してみるべ…と思いまして。
そこで立ち寄った次なる乗り物。
こちらが遊園地の花形、「ドラゴンコースター」であります。
コースター


小せぇ・・・
低い…

そして誰も乗ってねぇ……






どういう事だ。なんで誰も乗ってないんだ。
コースター2






1人だけ乗ってた!

コースター3





ま、そんな「海竜の里」なんですけども…

ちょっとだけマジメな事を書くと、ここは例の、世紀の大発見があった場所から300mぐらいしか離れてない、メモリアルな場所であります。細い川が流れてるんだけど、その川沿いにね、フタバスズキリュウの化石が。
現在も、施設の中には化石展示などがある。(フタバスズキリュウの化石は、国立科学博物館に行ってるらしい)。

これまで、どうも、地元の人みんなで自腹を切って土地を購入し、「フタバスズキリュウが発見された、海竜の里」として守ってきたそうです。そして、平成になって、いわき市が運営のバックアップを請け負うようになり、娯楽要素を足して、地元の子たちが楽しめるようにしたそうな。
ちょっと驚いたのが、年間9万人来るという点。地元の子が公園代わりに年100回ぐらい来てるのかも知れませんが、なかなか立派な集客数であります。


なお、TOKIO出演の鉄腕DASHの企画で「恐竜の化石を掘ろう!」というのがあって、こちらがロケ地に選ばれたそうな。施設の中に、記念写真がパネルとして飾られてたので、それをパチリと撮ってきました。
まぁ私はジャニーズにケンカを売るほど馬鹿ではないので写真は公開しませんけども……
なお、ロケ時の発掘で実際「出た」そうです。
すげぇよな、この辺の地層。



ちなみにな、フタバスズキリュウを発掘し、世紀の大発見を遂げた高校生、鈴木直さん。
現在は、主任研究員としていわき市アンモナイトセンターにお勤めだ。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






【シリーズ:俺のエリンギ日記】

この日記は、歯ごたえが魅力の、こだわりのエリンギを追求し続ける小川キノコ園さまの御厚意により、雄々しくて逞しい俺のエリンギが育つまでを追った、感動のドキュメンタリー記録である。たぶん。

【前回までのあらすじ】
 培地つくって殺菌して放冷した。




①さぁ『放冷』が完了したぞ!
 殺菌の際に加熱した瓶も、一晩で寝かせてスッカリ冷えた。
 培地は、エリンギの菌を接種するのにベストな状態になっている。
放冷室→接種室





②これが『接種』作業だ!
 雑菌の入らないクリーンルームで、従業員のもっちゃんが丁寧に作業中。
 機械を使って培地に種を植えていく。

接種作業2





③ 『接種』が終わったビンは、いよいよ『培養』へ。
専用の培養室で、接種したエリンギの菌が培地に満遍なく広げるための重要な過程だ!
培養室







④おお、まだ見ぬ俺のエリンギよ!
 恋とエリンギは、じっくり育むもの。
 培養は、35日もの時間を要する長丁場なのだ!
接種が終わり培養室に入りました



がんばれ、小川キノコ園!
がんばれ、俺のエリンギ!
遥か鳥取から小川えりんぎちゃんも応援してるぞ!

えりんぎカゴ
   ↑
応援どころか完全に寝ている

つばさ



やあ、兄弟。取り急ぎ、これを見てくれ。



うん、それだけだ。



いわき見聞録8 ~アンモナイトと俺のエリンギ~

前回の続き。

ようやく到着したアンモナイトセンター。

一般的に「ファッションセンター」とか「ラジオセンター」とか「靴流通センター」とか「平田食事センター」など「センター」と名乗る場所は、総じてあか抜けないイメージ満載で好きなのですが、こちらの福島県いわき市にあるアンモナイトセンターも案の定で嬉しくなる施設でございました。

とりあえず、これでも聴きながら読んでくだせぇ。


さて、こちらの建物。
いわき市が誇る、アンモナイトセンターである。

センター入り口




敷地は広いが、建物は微妙にイナバ物置なオーラをまとったこの施設、当初、私は「ったく、また無駄な物を建てて…箱モノ行政ってのは困った物だね」とか考えていたのですが、実際に行ってみると「もう少しカネ掛けても良かったのでは」と感じるほど、質実剛健・シンプルイズベストな施設でありました。


入場料は大人250円、子ども100円。団体だと80円になります。
アカン、破綻するヤツや…

だっておめぇ、80円って事は、子どもが100人来ても8000円にしかならないわけで、どうやっても赤字にしかならない施設運営ですよ。さらに教育機関の場合は入館料の減免申請が出来るとかで、もう何なんだと。80円ぐらい払えばエエやないか。
…というのもですね、こちら、観光施設ではなく市の文教施設なのです。ホームページを見る限り、教育委員会文化課が減免措置などを担当してるようなのですが、ともかく商売っ気がない。
施設は徹底した低コスト運営の方針と見られ、華美な物は一切なし。
利休の茶室のように、削ぎ落とされたを感じさせる施設です。


なんせ、建物に入ると、いきなり巨大アンモナイトの化石が陳列されている。
オードブルでメインディッシュが出てきた感じです。ドアから入って50cmで、これ。

大アンモナイト




そして展示品は、以上になります。

え!? 終わり!?


いや待て、早まるな兄弟。
実はこの施設、「展示品」は飾ってねぇんだよ。「施設そのものが、アンモナイト」なのだ。
わっかるかなぁ~?わかんねぇだろうなぁ~?


実は、いわき市ちゅー所は、もともと炭鉱の街でした。
私は地学の授業をロクに聞いてなかったので、いまやモホ面という単語ぐらいしか覚えてないほどに知識レスなのですが、まぁ、簡単に言えば、地質的・年代的に「石炭あるところ化石あり」と捉えておけば良いでしょう。
石炭を豊富に産する所には化石が眠っている、それは、奈良や京都を掘ると豪族の遺品が出てくるのと同じぐらいの真理であります。

いわきと同じく、炭鉱の街として知られた夕張も、やはり化石が多くみられる土地でした。
そのため、夕張にある「石炭の歴史村」にも、化石館が併設されてんのな。問題は、夕張の場合、入場料が1200円かかるという点。もちろん、1200円というのも別に高くはないのですが、80円(さらに減免措置あり)を見てしまうと、もはやシャイロックのような商いに思えてきます。

ちなみに私が行った時は夕張市の破綻直後でして、広大な敷地に客は自分1人、職員さんが8名ほどおり、マンツーマンどころか「こちらが坑道の入り口でして」「これが出土した化石です」「こちらは地元のメロンを使ったゼリーでして…」と皆さんが俺1人を接待し、こちらは「ああ、そう」と答えながら見て回るという、陛下の行幸のような有様になっておりました。そりゃ破綻するわ。



一方、いわき市アンモナイトセンター。
こちらは徹底したコストカットを実施しておりました。

まず、床がありません。

センター内



これは何かっつーと、

 「アンモナイトたくさん出てきたねぇ」
   「うむ。となると、保存しなきゃイカンねぇ」
 「じゃ、上に建物を建てるべ」
   「だな。床なしで柱を立てて、壁と屋根くっつければいいべ」

という話だそうで。
まるでソ連の兵器のように、目的とする機能を満たす事だけを念頭に、どこまで無駄な物を削ぎ落とせるか追求した引き算の合理性と言えるでしょう。

「この地層をデジタルデータで保存して、館内で3D映像としてバーチャルな体験を」とか、そういうの要らない。「アンモナイト出てきたぞ!この地層凄いぞ!」「じゃ、柱だけ立てて壁と屋根乗っけるべ。そうすりゃ資料館っぽくなるだろ」と床の無い建物を作る、いわき力は今後の日本に必要な能力ではないかと思われます。


で、実際に見てみると、すげぇ数のアンモさんが、むき出しの地層に散りばめられております。
①②と解説の札が置かれているのですが、あまりにも数が多いので、猟奇殺人の現場検証のような光景。

センター内2



また、館内には、アンモナイトの情報しか調べられないアンモナイト専用検索機も設置してあり、「調べたきゃ、お前が勝手に調べろ」というDIY精神に基づく展示が為されております。


検索機



で、私がアンモナイト専用検索機でポチポチやっていると、建物の外から子供たちの声が。
はて、何だろう…と出てみたら掘ってました。

発掘

こちらの施設、土日(第三日曜日は除く)に行くと、体験発掘っちゅーのをやってるのですな。どこを掘るかと言うと、先ほどの建物が建ってる場所と同じ地層でして、

「この斜面はアンモナイトだらけだねぇ」
 「じゃあ建物を建てよう」
「斜面全体を覆う建物を建てるのは大変だねぇ」
 「じゃあ掘らせよう」

という、いわき力あふれる発想で、掘らせてくれるのです(入場料のみ)。
ヘルメットや発掘道具は貸してもらえるそうで、自分で持って行くのは軍手ぐらい。しかも、バンバン出てくるのよ。
施設の人が「あー、これは貝だね~。ホラ、二枚貝になってるでしょ」と解説してくれる。
なかなか良い体験が出来るスポットやな、と。




なお、屋外で発掘作業などを行うにあたり、施設は毎日モニタリング数値を貼りだしております。

モニタリング


館内にはバックナンバーというか、これまでの測定結果一覧も貼ってある。
モニタリング実績




これは、来場者の安心「感」を担保するために、キッチリやろうという姿勢なわけですね。
先に立ち寄った小川キノコ園も、こうやって徹底的にやっているわけで、地元の人のこうした姿勢に対し、「地面を水洗いしてから数値を出している」とか言ってる方は何を考えてるのかよく分かりません、毎日アンモナイトを水洗いするの?

  ↑
クリック不要



ま、そんなわけで、化石王国・いわきの魅力に取りつかれた私でありますが、どうも、いわきはアンモナイトなんぞより遥かに大物の恐竜と縁があるらしく……その名はフタバスズキリュウ

アンモナイトセンターから車で5分、太古のロマンを感じる恐竜の里へ!



その辺は次回、「いわき見聞録9 この施設、どうしてこうなった ~責任者出て来い~」にて!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




……さて、汝ら。
これで終わったとでも思うたか。フォッフォッフォ…

実はですね、小川キノコ園の社長夫人と相談しまして、もっと日本を、エリンギらせようと。
今ひとつ俺自身も、エリンギれてないし、お前たちもエリンギるべきだと。

そんなわけで、本日から始まります新コーナー。
その名も「立ち上がれ、俺のえりんぎ」というね。
俺だけのジョンソンを、俺だけのピーターを雄々しく育てて、どこに出しても恥ずかしくない(上野駅13番線ホームなど)最高のエリンギが生育するまでのドキュメントを披露しようって算段さ。




初日の今日は、培地づくりから始めてもらったぞ!


①全ての土台となる「培地」を作っているところ。
オガ・ふすま・米糠などを機械で混ぜ合わせ、キノコの菌を植える畑=培地にするのだ!
【追加情報@6.05】
いま、米糠は使ってないそうです
          ↓
培地作り




②機械で培地をビン詰め。
いわゆる『仕込み』の過程だ。
          ↓

培地をビンに詰める



③見よ、これが「俺のエリンギ」を育てるビンだ!
仕込みはバッチリ、ここに、いずれ立派なジョンソンが育つのさぁ!
          ↓
仕込みの済んだビン



④仕込み済みのビンを、このあと『殺菌』。
キノコと関係の無い菌を無くすのである。
          ↓
仕込み→殺菌




⑤殺菌釜にビン(培地)を入れるところ。
作業しているのは、酔狂な企画につき合わされた気の毒な従業員通常作業を抱えつつ、わざわざ俺のもやってくれる、意欲に満ち溢れた従業員・シヴァさん
この釜の中で6時間かけて高温殺菌した後、エリンギの菌を植えるのに最適な温度(20度)になるまで、専用の部屋で熱を逃がす。この『放冷』には、一晩を要するのだ。
          ↓
殺菌釜に入れる




一日目の作業過程は、ここまでだ。
なんせ俺のエリンギだ、さぞかし雄々しく逞しく育つに違いない。

がんばれ小川キノコ園、がんばれ俺のエリンギ!
鳥取から、えりんぎちゃんも応援してるぞ!

えりんぎ寝
     ↑
応援どころか、明らかに寝ている

いわき見聞録7 ~アンモナイトはドムドムの夢を見るか~

さて、こんなわけで、福島県いわき市の小川キノコ園で極上のエリンギをいただきまして。

食欲にターボが掛かった私がカーナビに入力した単語、それは「ドムドムハンバーガー」。


ダイエーを株主とするオレンジフードコート社のハンバーガー店で、かつては全国のダイエー系スーパーやモールに幅広く展開していたのですが、いつの間にか姿を消し、現在、都内に5軒しかない、ツチノコ並みにレアなハンバーガーチェーンであります。

実は、福島県いわき市は、知る人ぞ知る「ドムドムの聖地」でありまして、1200万人の人口を抱える東京都内に5軒しかないドムドムが、いわき市内に4軒存在します。人口10万人あたりのドムドム率を計算すると、東京の30倍ほどという、ドムドム過密地帯なのです。いわきの食を考えるためには、やはり、ここは外せない。



こちらが、いわきっ子の最先端おしゃれスポット、「ヨークベニマルのフードコートにあるドムドムバーガー」である。

ドムドム




まぁ、普通のハンバーガー屋なので特に語るべき事もないのですが、とりあえず、永年に渡って愛されるマスコットである「ドムドムぞうさん」をパチリ。


ドムぞう



さて、充分ドムドんだし、アンモナイトセンターにでも行くか…いわき市内は全部見て回らんとな、とか思いつつカーナビに入力したら「42km」とか出まして、何なんだと。42kmって、もはや「市内」とかいうレベルじゃねーだろと地図を見たところ、いわき市は直線距離で南北51km、東西39kmもあるそうで。

のちに調べたんですが、例えば新宿にある東京都庁から「山梨県の上野原市役所」が丁度51kmぐらいでした。
もう一つ参考をあげますと、池袋と群馬県館林市が55kmぐらいです。

デカすぎだろ。


「市内」っつーから10分も運転すりゃ着くだろと思ってたら、ぜんぜん着かねぇんだよ。いわきですよ?渋滞とかないし、正直、相当の速度で走ってるわけですよ。でも着かねぇんだよ。
もう、やっぱりね、運転しながら思ったんだけども、東京の感覚じゃ何も分からんわ。

「いわき?放射能大丈夫?」とか言ってもだな、そんなもん、51kmもあれば場所によって全然状況違うわ。都心から上野原だの舘林だの、そんぐらいの距離があるんだから。

この距離感つーのが、行政区画として「○○市」「××県」をベースに考えてると、把握しづらいのです。
「福島県」なんて東西166km、南北133kmあるわけですよ。
さっき測ってみたら横浜から掛川が166kmちょうど。新大阪から愛知県岡崎市も166kmぐらいです。
京都駅起点だと石川県小松市ぐらい。デカすぎだろ、福島県…


とか考えつつ、ひたすら運転し続けたところ、
「← フタバスズキリュウ発掘場所   アンモナイトセンター →」 
という、白亜紀に迷い込んでしまったかのような素敵な看板が見えた。
何も無い、難攻不落の山城みたいな環境に、突如として巨大アンモナイトのオブジェと看板が出てくるので、迷いようがない。

アンモ


このオブジェを通過して施設入口に近づきますと、ゆるキャラではなく、ぜんぜん可愛くない単に気持ち悪いだけのキャラ「アンモくん」が我々を迎えてくれます。

アンモ君


これは、いい…
たぶん学術的にはちゃんとした施設なんだろうけど、運営方針を見失ってる感が良い…!


という事で次回、アンモナイる事にします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【今日の、小川えりんぎ ちゃん】
えりんぎ、テニスボールと格闘
テニスボールと格闘中。


えりんぎびびる
御主人と一緒に台所まで来たものの、物音にビビっている姿。


遂にフォロワー数200を突破!
鳥取で一番フォロワーの多いアカウントを目指してるので、どんどんフォローしてくださいな♪

いわき日誌・号外


クソ眠いので「小川 えりんぎ」ちゃんの画像だけupします。
砂漠の王国(鳥取)で、すくすくと育っておる模様。


機動戦士えりんぎ 「えりんぎ、大地に立つ!」えりんぎ大地に立つ




機動戦士えりんぎ 「ご主人、台所に立つ!」えりんぎ台所

御主人が台所に行くなどする際、こうやって、ずっと見てるそうです。


現在、鳥取で一番フォロワーの多いTwitterユーザーを目指しているようなので、良かったらフォローしてあげてください。
なにせ鳥取には人がいないので、鳥取以外に住む皆様の御協力が重要です。
ぜひぜひ。


なお、もともと私は、こういう名前を提案したのですが、御主人が本気で嫌がったので、「えりんぎちゃん」に落ち着きました。どうしてご主人が、その名前を嫌がったのか皆目見当もつきません。

←クリック不要です

いわき見聞録6 太陽の季節

いや~、凄い盛り上がりみたいっすね、東北六魂祭
東北地方は、いわば日本の台所。山の物も田の物も畑の物も海の物も、何を食っても美味い。そして魅力的な祭りや伝統芸能がたくさんあるわけですが、如何せん遠い。

東京から遠いと言うより、東北地方の都市間がやたら距離あって、都市と都市の間はドラクエのフィールドマップのように何もない人外魔境になっているため「仙台の七夕と、秋田の竿灯と、青森のねぶたを見て回ろうかな」とか迂闊に考えると、250kmぐらい移動しなきゃいけなくなる。

なので、それらが一堂に会する六魂祭で…ってなことで、会場となった福島市は「まさか生きてるうちに、こんな満員の飯坂電車に乗る日が来るとは思わなかった」という呟きが生まれるほどの大盛況となっておる模様。

問題は「福島県の都市同士が覇を競う群雄割拠の状態」が数百年続いているという点でして、いわき派である私としましては「このまま福島市の増長を許しては、県庁を奪い取る野望が潰えてしまう」と危機感を強めており、更なるプロパガンダの必要性を痛感しております。



さて、国際社会において日本のプレゼンスを発揮するために、エリンギの重要性が叫ばれている事は、もはや言うまでもない事だと思います。
そこで私、「いわきの食を考えるフォーラム」の翌日、視察に伺いました。


伺ったのは小川キノコ園。


社長は小川さんかと思いきや中島さん。どうも「小川」っちゅーのは地名だそうで。
フォーラムの日に御挨拶申し上げたのが上品な女性だったため「おお、この細腕で切り盛りしているのか!」と感銘を受けたのですが、実際に伺ってみたら、素敵な中年男性が社長さんでして、「ああ、これは『俺のエリンギ』って店名で二丁目あたりに店を出せば、その筋の方がたくさん来るんじゃないかな」と感じました。



小川キノコ園のエリンギは、シャキシャキした歯ごたえと、キノコ本来の味わいが御自慢。実際、奥さんが仕立ててくれた「エリンギのバターソテー」がメチャクチャ美味いわけですよ。普通、バターの脂を吸ってベチャァ~っとなったり、火を通すとグニャァ~っとなったりするけれど、そういうのがない。味は染み込みつつも、あくまでもシャキッとした、キノコ本来の魅力が引き立っておるのです。


シャッキリポン
ね~、美味しんぼ、どうなんでしょうね。四半世紀ばかり、社主もふくめ全員がメシばっか食って、上司は甲高い声で「ヤーマーオーカーくん!」とか叫ぶだけのアホ新聞社、まさに狂気としか言いようがありません。あのメシ食ってばっかりの連中は、何のために新聞社に入ったんでしょうか。



まぁ、美味しんぼの話はともかく、小川キノコ園のエリンギも、シャッキリポンなんですよ。
小ぶりではあるが、シャキシャキ、コリコリした食感と、キノコの風味が生きている。
社長いわく「大手さんは生産の効率化を図ったが、私たちは、手間暇かけて丁寧に作っています。生育には50日ほどかかる。じっくり育てると、若干小ぶりではあるが、昔ながらのキノコ本来の魅力が生きるんです」とのこと。
ほほぅ……と思ってたら「まぁ、そんなすべてを機械化して大量生産するほどの資金的余裕も無かったというか…なので、結果的に昔ながらの方法で」という実情まで語る始末。いや社長、そこは伏せといて良いのでは。



さて、工場内部である。
キノコ栽培には大きく分けて、木で育てる「原木栽培」と、専用のビンにオガクズ等を入れ菌床をつくる「菌床栽培」の二種類があるが、小川キノコ園は全て菌床栽培。
キノコは湿度と温度の管理がキモなので、全て空調をコントロールされた室内で育成する。

群生ペニス

写真ではわからんが、絶え間なく「もわぁぁぁあ~」と霧がかかってて、ジュディ・オングのステージみたいになってんのよ。
で、このように少しずつ生育したミニ・えりんぎを、ムラが無いように定期的にひっくり返したり、くるくる回したりするらしい。それを50日間。


で、小川キノコ園ご自慢のエリンギが、これだ!

ペニス

前都知事だったら、、これで障子を破るんじゃねぇかと思われるほどの雄々しさ。
じっくり手間暇かけて育てあげると、このように立派なエリンギが出来上がるわけです。



なお、これが生育開始まもない菌床である。
この綿菓子みたいな状態から、ニョキニョキ行くわけですね。

菌床


実は、このチェックのシャツをINしている東京理科大の院生みたいなファッションの方が社長さんであります。
私、個人的に「ワイシャツの第二ボタンを開けて胸元を見せ、うっすらとヒゲを生やし、タブレットを持ち歩いている最近流行りの人種」みたいな起業家とかには無条件で疑いを抱くんですけども、小川キノコ園の社長さんは「キノコ栽培の作業で、汚れてもいい服を、ヨークベニマルの特売セールで買ってきました」的な所に好感を覚えました。少なくとも、虚栄心から嘘をつくタイプの人種ではない。

  ↑
クリックするとamazonに飛んじゃうので、クリックしちゃダメです


で、だな。
もうねー、こういうのって本来なら必要なかった話ではあるんですけども、「所在地が福島県である」というだけで忌避されたりする事もあるんで、このようにして測定しております。

測定


まぁ、原木で野ざらしの育成ならともかく、専用のビンと自前のオガ(菌床用)を使って、さらに建物の中の部屋で作ってるからまず問題ないんだけど、それでも尚一層の「安心感」をお客さんに伝えるためにも、やってると。
検出下限値に至っては5ベクレル/kg(政府基準は100ベクレル、いわき市の給食は20ベクレル)という厳しさ。
そこまで徹底して測定し「ND」で出すと。

「そっちのエリンギがNDなら、ワシのエリンギはEDやぞ!そう叫んだ全裸中年男性は」などの一文が頭をよぎったものの、社長が風評の影響について真剣に話していたので、「わかります」って言っておきました。



なお、小川キノコ園は、毎日1500kgのエリンギを生産する能力がある。

1500.jpg

やはり結構影響を受けたようで、現在は700kg程度に減産しているらしい。
だから、おまえらが毎日800kg食えばいいと思う。


ま、事故後の風評がウンヌンという問題もあるにはあるのだが、社長が伝えたいのは、まずは「ウチのエリンギ、そんじょそこらの物より、ずっと美味いっすよ!」という事らしく。加工食品なんかも作っておるわけです。


加工品


青唐風味、メンマ風味、白醤油アッサリ風味、カクテキ風味(開発中)など。





死刑


これがねー、美味いのよ。
青唐風味は、そのままエリンギを漬けているので、ぬるっとした滑らかな食感。他の物は、実は一回、機械乾燥させてから漬けてるそうです。ゆえに、持ち味の歯ごたえが生きてるのですよ。それに乾燥させてからダシに漬けるから、キノコの風味が損なわれずにダシも含んで、噛むとジュワッと旨味が広がる。
これはアレか、高野豆腐の原理か。さらに殺菌・密封してパッキングされてるので、未開封なら6か月イケる。


うーむ、これはイケるんじゃないだろうか。
メンマ風はビールに合うし、青唐風味は日本酒や焼酎にも合う。
白醤油アッサリ風味は、白ワインでもイケるんじゃないだろうか?イタリアン風に加工するのもいい。


特に東京の場合は、カフェバーなどに業務用としての需要が見込める気がする。
チェーン店と違って、店主のこだわりで運営されているような店では特に。

例えば、福島を長期的に支援しようと考えてるオーナーが運営している店や、イベントなどでドリンクの他に突き出しを出せば客単価の向上が見込める店なんかは、狙いどころじゃないだろうか。
それにエリンギは、低カロリーでヘルシーだ。




ちょっと今後、営業かけてみようかしら。
俺はアレだ、かつての二の舞になってしまうのでダメだ。



……てなわけで、沢山のお土産をいただき、見学を終えた我々。




すっかり小川キノコ園のエリンギにハマり、パソコンの前でバクバクと食いながら、小川キノコ園最高エリンギ食えと水面下でプロパガンダと折衝を繰り返したところ、やや心を動かされたツイッタラーがいたらしく、小川キノコ園様が、こちらの仔犬のネーミングライツ落札に成功いたしました。

えりんぎ


スポンサード条件は、基本的に「物納」という事になっております。
こちらのわんこ、いわきも福島県も一切関係なく鳥取に住んでるんですけども、早くも140近いフォロワーを獲得しており、ツイッターの使い方が今ひとつわかってない鳥取市長のフォロワー数は、そう遠くないうちに抜けると踏んでおります。
目指せ、鳥取で一番フォロワーの多いアカウントを!


ま、このようにして、地道に布教活動を続けていく所存。
そのうち、あの方にもお中元として送りつけようと思っておりますが、ま、追ってご報告という事で。


取り急ぎ今日の所は、こんな感じで。

次回「いわき見聞録7 アンモナイトセンター?誰が来るんだよの巻。

プロフィール

岡田ぱみゅぱみゅ

Author:岡田ぱみゅぱみゅ
テスト運用中

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。