FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メモ


時間が無いので多くは書けないが、最低限抑えておくべきことだけ、ここにメモっておく。


1.福島県はデカイ

東西166kmというのは、東京都庁と起点にすれば松本(長野県)や十日町(新潟県)に達する距離。
京都駅を起点にすれば―湖西市(静岡県)に達する。原発の真横にある畑と、東京-松本ぐらい離れた畑を「福島県産は食えない」で括るのは馬鹿げたことだ。
(ちなみに、いわき市も南北51kmある。都庁から山梨県上野原市・池袋から群馬県館林市ぐらいの距離だ)
そもそも、放射能は同心円状に広がるわけではない(だからSPEEDIが必要だった!)し、行政区画なんて一切関係ない。



2.環境や製法によって色々違う

露地物とハウスじゃ環境が違う(後者は放射性物質を帯びた粉塵つかないでしょ)。
ましてや、屋内で作る物はまったく状況が異なる。
露地物だって、汚染水をどう防ぐか、カリウムゼオライトの使用をどうするか、根を食う物か、茎を食う物か、葉を食う物か、果実を食う物かによって異なる。また、野菜は土壌の栄養素を全て吸って、自分が成育した後は不毛の地にしてしまうわけではない。土壌の養分の、ごく一部を必要に応じて吸収するのだ。この先は省略。
こうした違いを考えず全て「福島県産は食えない」で括るのは馬鹿げたことだ。




3.検査のあり方

福島県産のコメは全袋検査している。ベルトコンベア式の放射性セシウム濃度検査器やNaIシンチレーションスペクトロメーター等でセシウム134とセシウム137の合計値を測定し、「疑わしきは罰する」の主義で、「ひょっとしたら危ういもの」はゲルマニウム半導体検出器で詳細に検査する。その結果、暫定基準の100bq/kgを超えたコメは出荷停止となる。
昨年(2012年)のコメは、1033万6400件の検査を経て、71件が「基準値超え」となった。要は、キッチリ検査してダメな物は水際で阻止してるのだ。
(なお、リンゴに関して同様のことをやってる町もあります)

では、コメ以外はどうか?
その答えが、これだわな。

小川キノコ園の検査

放射性物質の検査は、レジでバーコードに通すように出来るものではない。
可食部を粉砕し、満遍なく詰め、ペーストのような状態にし、それで検査するしかない(当然、検査後に出荷することは出来ない。もはや粉々なんだから)。知らん顔して出荷することだってできるが、そういう事をやらずに、なおかつ国の暫定基準値(1kgあたり100bq)を大幅に下回る5bqまで測定している。これはもう、測定器の限界だ。その結果がコレです。

ちなみに平成24年度の結果23年度の結果もある。



4.検査の信憑性とは

これだけ言っても信用できないという人もいるかもしれない。
言わんとすることは分かる。原発事故以降、国や役所や大企業なんて信頼できなくなったわな。ましてや生産者の自主検査なんて・・・と思うのならパルシステムの検査結果を見てくれ。

食品の安全性には、すんげぇうるせえ組織だ。彼らが「小川キノコ園の自主検査?はぁ、それは結構ですが、我々は我々で調べますよ」と調べた結果「検出されず」と認定してるわけですよ。

まぁ、それでもアレだという事になると柏まで行って調べるしかないな



5.反原発と、福島エンガチョ論者は別

原発は、甚大なる被害を生み、この国のガバナンスの不完全さを露呈させ、安全神話を崩壊させた。
何を信じて良いのか、誰の言葉を聴けば良いのか分からずに混乱し、こんな事になるのなら原発は廃止すべきだとの機運が盛り上がった。そうした声が高まるのは当然のことだと思う。食品の安全性を求める声が高まり、警戒心が強くなるのも当たり前のことだ。

だが、その中で必死で安心を担保するための努力を続けても、
「どんな調査しても、どんな安全結果が出ても、福島県産は問答無用でゴミ箱行きだ」
というなら、それはもはや反原発でも反被曝でもない何かだ。川の向こうはケガレの地だとする発想と似た何か。


原発事故が起こると大変だなんてことは福島の生産者が一番骨身にしみて感じている。
その中で安心の回復のために、事故後の日々を必死で立て直しているのだから、消費者として歓迎しようではないか。

根拠の無い福島エンガチョ論は、もうやめよう。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

最近の岡ぱみゅさんはぺにすが足りないですが、メモの内容に同感です。

福島にゆかりがある身としては、福島の地理的な事(主にその巨大さ)を分からず福島をひと括りにする人や適切な検査を行っているのに盲信で福島県産を避けている人がいるのは残念極まりません。

感情に任せるならそういった人達を軒並み粛清したいですが、そんな事しても意味はありませんし福島の風評被害は収まるわけでも無く。
検査で安全性をアピールしつつ、消費者と粘り強く向き合って誤解を解いていくしかないですね。

会津の米、美味しいんですけどね。毎日食べてます。

賛同します!

あすまんへのツイートに対しての苛立ちが、今回のブログで少し解消されました。自分自身も何ができるか?が今後の課題になるかと思ってます。
プロフィール

岡田ぱみゅぱみゅ

Author:岡田ぱみゅぱみゅ
テスト運用中

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。