FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「慰安婦、当時は必要だった」「在沖米軍も風俗活用すべき」と要約して報じられ話題になった橋下発言。
このブログでも何度か書こうとしたが、躊躇せざるを得なかったんよ。主たる理由は「だるいし、めんどいし、動画を検証してる途中で飽きて“斉藤清六のギンギラギンにさりげなく”などを聴いてしまう」という物。もう一つの理由として「論点が多すぎる」という点が挙げられる。前者と後者、比重で言えば97:3ぐらいだが。


さて、いわゆる「橋下発言」の全文を読んでみると、「侵略の反省ってより、敗戦国だから我慢するしかないね。でも他の国と同じように、軍規維持のためには慰安婦制度が必要だった。慰安婦制度自体は当時の社会では合法だった。軍が組織的に関与して国家ぐるみの強姦をした事実はない」と、保守論壇などにありがちな主張であり、突出して極端な歴史観を持ってるようには感じられない。「ああ、こういう論調の人ね」って感じだ。

http://synodos.jp/politics/3894
全体的に「ん?けっこう踏み込んでるな…」って発言の前後に「もちろん慰安婦の方には配慮が必要で」とか「あれ、そんなん言って大丈夫か?」って発言の前後に「もちろん良いとは言いませんが現実的に…」みたいな予防線が張ってある。弁護士なので、免責事項を一行付けてるというか。
ただ、その予防線が

「ったく、貴様はブサイクだな!キモイし童貞くせえし!」
 「いい意味でね」

みたいな、フォローにも何にもならない荒っぽい線である事に加え、よく読んでみると、2ページ目の米軍のあたりは「性欲をコントロールできてないのだから風俗でも使え。建前ばっかり言いやがって」と、言いっぱなしになっております。

なんか、こう「無論、日米同盟は安全保障の要であり米軍の規律は信頼している。圧倒的大多数の米兵は我が国にとって良き友人であり同志であるが、他のあらゆる組織と同じように、ごく一部に問題を起こす者も紛れ込んでしまう。我が国と米国の友情は、こうした不心得者の存在ごときでは揺るがず、米軍とその兵士への信頼は確固たる物だが、ごく一部の例外的な問題の解消に全力で取り組み、より強固な信頼関係と沖縄県民の安心をさらに築くため、様々な対策を講じる必要がある。あまり道義的に推奨されない事ではあろうが、風俗産業を利用するという声があったとしても、それを頭ごなしに批判すべきではないのではないか」とか、そういう言い回しではなく、すごく乱暴。

(勿論、そもそもの主張内容も色々ありますが、ここでは触れません)

発言内容はともかく、官僚答弁的な退屈さに飽き飽きしている我々にとって、彼のような歯に衣着せぬ本音発言は魅力の一つとして映り、一見して、建前論ではなく本質に切り込む現実主義者に見える。この「現実主義者に見える」という点が、建前と理想論の眠たさに飽きた人物にとって、抗いがたい魅力に見えるのだろう。

ただ、早速、自民党も含めた各政党は(仮に同じ考えを持っていたとしても)「まったく橋下や維新の会は困った物だ!」と批判して見せ、東アジア各国も予想通りの反応を見せ、アメリカは(仮に同じ考えを持っていたとしても)「我が軍を“性欲のコントロールが出来ないレイプ予備軍”と見るとは、なんという侮辱」と怒ってみせた。

その辺の「揚げ足を取ろうと狙ってる奴がいる」「仮に同じ意見でも、立場的に反対する奴がいる」などの思惑を読んだ上で、発言する際は、眠たい建前もちゃんと語れる人が、本当の現実主義者だと思うんだけどね。
「アイツはブスだから整形した方がいい。そっちの方が明るい人生を送れる」と“現実”を言い放って結果的に嫌われちゃうのなら、それはただの「現実が見えてない、痛い人」だ

(もう一度書きますが、そもそもの主張内容も色々あれど、その辺は触れません)


おしまい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

橋下氏の主張の内容を詳細に分析するのも良いことだと思いますが、『何を意図して発言したか』が、一番注目すべきことだと思います。

(選挙対策? 国際問題? 新たな利権? 自分の信条・イデオロギーに関すること?)

ベルルスコーニ氏なら、「俺が好きなものは好き、嫌いなものは嫌い、欲望バンザイ!」
石原氏なら、「創造力あふれるマッチョな選民である私を、愚民どもよ、もっと褒めたたえよ!」
をベースに考えると、だいたい分かるような気がします。


それから、橋下氏の「マスを動かす手法」を明らかにして、解体していくのもアリかと思います。

『中島岳志 橋下氏の言論テクニックを解剖する その2』
http://www.magazine9.jp/hacham/111111/

解体する事で、分かる人は分かってくれますが、それでも「橋下的手法」と似たような方法を取らなければ、マスを動かすことはできないでしょうかね・・・

最近は皆がうんこ投げ合っているようで、私はうんざりなのですが・・・

Re: No title

> 橋下氏の主張の内容を詳細に分析するのも良いことだと思いますが、『何を意図して発言したか』が、一番注目すべきことだと思います。
>
> (選挙対策? 国際問題? 新たな利権? 自分の信条・イデオロギーに関すること?)


文脈で言えば選挙問題だと見てます。
高市早苗の発言に対して否定しつつ、それとは別に、自分は保守でありタカ派でもあるとアピールするために、過剰なまでの「サービス精神」を顕にしたな、と。

ただ、自民党の反応を見ても分かるように、国内には「仮に橋下発言に心の中では同意していても、維新潰しを優先させたい」と手ぐすね引いてる人間(維新の票を切り崩せば、自民は衆参両院で単独過半数。衆参同時選挙を打てば衆参両方で3分の2が取れるかも)が、海外には「心の中では同意していても日本につけ込みたい」と狙う人間がいるわけで、いったい何の勝算がある発言だったのか、よく分からんです。
プロフィール

岡田ぱみゅぱみゅ

Author:岡田ぱみゅぱみゅ
テスト運用中

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。